あの“デイパック”の元祖
GREGORYのDAYPACK

あの“デイパック”の元祖GREGORYのDAYPACK イメージ
画像を選択すると拡大表示します

GREGORYのDAYPACK

「1日分の荷物にちょうどいい」、だから「デイパック」。
このサイズのバックパックは一般的にデイパックと呼ばれていますが、この名称はこのグレゴリーのバッグが広めたと言われています。
1977年の誕生以来、「バックパックのスタンダード」として時代を超えて愛される「デイパック」。その機能性をご紹介します。

①生地の端に施されているエッジバインティングはほつれ防止のため。細かい造作からヘビーデューティに耐えるタフネスが生まれる。
創業者、ウェイン・グレゴリーが考案したレザープル。丈夫なYKK社のジッパーは昔から、太めの10番を採用。
③昔から登山用バックパックに使われてきた420デニールのナイロンが、クラシカルな印象。耐摩耗性に優れた素材。


④ショルダーストラップと本体の連結部には「ウィング」というパーツをかませている。これにより背負い心地と運動性能が大幅にアップ。ウエストベルトはベルトキーパーに収納できる。
⑤「デイパック」のシンボルにもなっているフロント・ポケットは、モノの出し入れのしやすさを考えて斜めのデザインに。内側の生地の端もカバーして縫い込むことで見た目にも美しく、またほつれも防いでいる。
デイパックの命であるショルダーストラップは、人体に自然にフィットする曲線的なカーブが身上。内側にはクッション性に優れたEVAが封入されている。


⑦力のかかるストラップ部などの繋ぎ目は、中央から重ね縫いするセンターロッキング・バータックを施して強度をアップ。1978年に開発した、独自の縫製方法
⑧「く」の字形になるよう、中央で2つに分かれた背面パッドや緩やかなカーブを描く三日月形のボトムは、背中の凹凸に添うよう考案されたもの。極上のフィット感の秘密はここにあり。


※人気商品のため、店頭で品切れの際は入荷までお待ちいただくことがあります

このページの上へ