「teni hana」
かわいい羊毛フェルトの小物たち
新下関店

「teni hana」 かわいい羊毛フェルトの小物たち新下関店 イメージ
画像を選択すると拡大表示します

眺めているだけで、心がほっこりしてくるハンドメイドの小物たち。
羊毛フェルトの手触りと素朴さが、これからの寒い季節にひとすじのあたたかさを運んでくれるようです。

ハンドメイド作家「teni hana(てにはな)」の手づくりの小物を、オズ新下関店のいろんな場所で見つけることができます。レジ前では、来年の干支でもある、かわいいワンちゃんがお客様にごあいさつ。目が合うと、思わずこちらも笑顔になってしまいそうです。

「teni hana」 かわいい羊毛フェルトの小物たち新下関店

その他にも、レジ近くの「手づくり作家コーナー」には、かわいい動物や花、キノコなどの小物・ブローチが並びます。手のひらにちょこんと乗る小さなサイズで、とってもかわいいです。実はお店のスタッフが着ているエプロンにも「teni hana」のブローチが付いています。

つくるところを見せてもらいました

フェルトの小物を作っているところを見てみたくて、せっかくなので実演をしてもらいました。

細くて長い針を使って、ひたすらチクチクと形になるまでフェルトを押し込んでいきます。黙々と作業が進む様子は、けっこう地味だったりします(笑)。見せてもらった道具箱の中には、色とりどりのフェルトがたくさん。ここから必要なフェルトを取り出して、模様やパーツをくっつけていくんですね。

どんな人がつくっているの?

この羊毛フェルトの小物をつくった作家さん、実は新下関店のスタッフさんなのです。もともと趣味でつくっていましたが、お客様にもこのかわいい小物たちを見ていただきたくて、店内でご紹介するようになりました。

「teni hana」とは、
手に花を持つように、その人にとっての大切な1つ(花)になりますように
という意味が込められているそうです。

普段は、ウェアや服飾雑貨などを担当し、商品の発注・検品、売場づくりをしています。また、お店でおすすめ商品を紹介するPOPやOZの折込チラシにも、手書きのイラストが登場しています。

teni hanaの作品はOZ新下関店でご覧いただけます

新下関店限定で、現在展示・販売中です。オーダーメイドのご相談も承っています。特に、お客様がかわいがっているワンちゃんやネコちゃんを作ってほしいというご依頼が多いとのことです。(手づくりですので、お時間をいただく場合がございます。)

ご来店されるお客様はもちろん、OZのスタッフも、雑貨やかわいいものが大好き。大好きなモノを通じてお店とお客様がもっとコミュニケーションでき、心がほっこりしたり、笑顔になったりするきっかけづくりができれば素敵だなと思います。

店内でかわいい羊毛フェルトの小物を見つけたら、ぜひ手にとってみてくださいね。

◯ 取扱店舗: 新下関店

※手づくりの作品のため、在庫がない場合や取り扱いを見合わせる場合がございます。予めご了承ください。

 

このページの上へ