限られた店舗のみ販売を許された、老舗が提案する新しいスタンダード。

亀の子スポンジは、たわしの元祖である「亀の子束子」から「亀の子」の名前を受け継ぎ、
新しく「スポンジのスタンダード」となるべく誕生しました。

商品開発にはコラムニストの石黒智子氏、そしてパッケージデザインには
グラフィックデザイナー・アートディレクターとして活躍中の菊地敦己氏にご協力頂き、
亀の子束子が考える「スポンジに求められる機能」をシンプルに見極め、製品化しました。
同パッケージデザインにより菊地敦己事務所は「日本パッケージデザイン大賞2017 大賞」を受賞されています。

また、このスポンジ専用設計の「亀の子スポンジホルダー」は
ステンレス製家庭用品において大きな信頼を集める「大木製作所」製の特注品です。

このページの上へ